葛西 パーソナルジム

葛西の通い放題パーソナルジムRADVANCE PERSONAL GYM
トレーナー田埜です!

今回はダイエットをする際に良く飲み物よりもご飯等の固形物を食べる方が良いとされている理由についてお話していこうと思います。

固形物の食事をする際に食べた物を咀嚼して消化したりする事でもカロリーは消費されます。
これを『食事誘発性熱産生 / DIT(しょくじゆうはつせいねつさんせい)』と言います。

食事誘発性熱産生

この食事誘発性熱産生とは食事をした後安静にしていても代謝量が増大することのことを言います。

食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解され
その一部が体熱となって消費されます。
このため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増えます。
この代謝の増加を『食事誘発性熱産生』または『特異動的作用』といいます。

食事誘発性熱産生でどれくらいエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。

たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。

食事をした後、身体が暖かくなるのは
この食事誘発性熱産生によるものです。

加齢や運動不足で筋肉が衰えると
基礎代謝が低下するだけでなく食事誘発性熱産生も低下します。

逆にトレーニングで筋肉を増やすと
食事誘発性熱産生は高くなるとされています。

また食事の摂り方としてよく噛まずに飲み込んだり
流動食だけを摂る場合に比べるとよく噛んで食べる方が
食事誘発性熱産生は高くなるといわれています。

 

まとめ

このような理由からダイエットをする時には
飲料(プロテインや野菜ジュース等)で栄養を摂るよりも
固形物(お米や肉、魚等)の食事を取る方がダイエットには効果があります。

ただ、特に朝は忙しくて中々時間がない方やお腹が空いてない方は
プロテインやバナナ等でタンパク質と糖質を!
バナナの皮を剥く時間がない程忙しい方は
100%果汁ジュースを飲むといいと思います!

上手く食事を取りながらダイエット頑張っていきましょう!

葛西の通い放題パーソナルジム

RADVANCE PERSONAL GYM(ラドバンスパーソナルジム)では
葛西エリアにお住まいの方には通いやすい立地にあるため
お仕事帰りや休日にも通いやすくなっております。

それでは葛西の通い放題パーソナルジムで一緒に目標に向かってボディメイクしていきましょう!!

ご予約はホットペッパーから!

他の記事はこちら